プロフィール

tomo

  • Author:tomo
  • 趣味:バイクトライアル、チャリドリ
    滑走歴:10年
    座右の銘:頭でっかちよりも心でっかちになれ!

    現在トライアルを練習中
メール

名前:
メール:
件名:
本文:

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ぼやき・・・・
ブロとも申請フォーム

管理人tomoの気ままな日常

秋が瀬レーシングスピリット所属チャリドリターtomoの気ままな日常をかいてます。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 / --/--/-- --:--
/
最近流行ってるんですかねぇ、チャリでの「慣性ドリフト」って…。
オフロードでやるのはまだわかるけど、舗装路でトライするのはどうかと…。慣性ドリってタイヤの限界を超えたときにできるドリフト、ということはコントロールが極めて難しいってこと。
これってまさしく「命懸けのドリフト」だよね。
慣性ドリに関して、メールとかで質問してくる人のほとんどが「頭文字D」の影響をモロに受けてる人なんだよね。

「イニDでやってる慣性ドリをチャリでやってみたいんですけどどうすればいいですか?」
大体がこんな質問。
これで僕が
「チャリドリの基本はわかってますか?」
って聞くと
「スピンターンとかですよね!」
って返ってくる。技の基本じゃなくて、チャリドリの基本を聞いたのに、なんでこういう答を出すのかが疑問。
全然わからないで、ただ「できるとカッコいいから」っていう安直な理由で難しい技にトライする人が最近多くなってるっていうのが伺える。
なんだろう…、チャリドリを子どものお遊びと勘違いしている人もいるし、慣れれば大丈夫とか思ってる人もいるし…。

なんか、すごく大事なことが忘れられてる気がするな…。
スポンサーサイト
未分類 / 2005/10/09 23:29
コメント⇒0 / トラックバック⇒0

コメント

コメントの投稿







管理者にだけ表示を許可する

/
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。