プロフィール

tomo

  • Author:tomo
  • 趣味:バイクトライアル、チャリドリ
    滑走歴:10年
    座右の銘:頭でっかちよりも心でっかちになれ!

    現在トライアルを練習中
メール

名前:
メール:
件名:
本文:

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ぼやき・・・・
ブロとも申請フォーム

管理人tomoの気ままな日常

秋が瀬レーシングスピリット所属チャリドリターtomoの気ままな日常をかいてます。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 / --/--/-- --:--
/
20060529213940
学校で唯一自転車の話をできる仲間がいる。

彼は安いクロスバイクを購入し、当時は通学、街乗りをするために使うつもりだった。

しかし、それから「イジりたい」という気持ちが湧き、いろいろやってみたい気持ちになったそうだ。
そして今日、彼は朝、「もっさぁーん(僕のあだ名)、チャリちょっといじったよ!」と報告に来た。

彼が着手したのはペダルとグリップ。
ペダルに足を固定するベルトを着け、グリップにコルク製になっていた。
まさかコルク製のものを着けるとは思ってなかったが、10km以上の距離を登校してくる彼には、ゴムやプラスチックよりもコルクの方が馴染むだろう。

放課後、与野公園までチャリを交換して試乗してみた。彼はstpのようなチャリに乗るのは初めてだったのでかなり興奮していた。
ちなみに彼のチャリは乗りやすかった。一回ノーマルで乗ったが、今度はコルクグリップとペダルのベルトのおかげで乗りやすくなっていた。

与野公園到着後は2ショット写真を撮り、チャリ雑談をした。

彼は「最近チャリに話し掛けるようになっちゃった(苦笑)、『今日もまた汚れたよな』って」と話した。
既に彼にとって自転車は「道具」ではなく「相棒」になっているようだ。
彼は話の中で「乗ってるときに風が吹くとなぜかワクワクする」とか「上り坂が『苦痛』ではなく、『楽しみ』になった。」て言っていた。
彼は「走ることの喜び」を感じるようになっていた。
これは僕も嬉しかった。

こんな仲間が増えればいいなぁと、思った瞬間だった。
スポンサーサイト
未分類 / 2006/05/29 21:39
コメント⇒0 / トラックバック⇒0

コメント

コメントの投稿







管理者にだけ表示を許可する

/
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。